ソプラノ大家さんのコラム

2017年 09月29日・ソプラノ大家さんのコラム

  • いいね!
  • ツイート
  • いよいよ看板投資の利回り発表☆

    皆さん、こんにちは☆

    秋田は、ここ数日で急に肌寒くなり、

    一気に秋の気配となりました(*''▽'')

    皆さんはいかがお過ごしですか?


    秋田市の郊外は、今まさに稲刈りの季節を迎え、

    近所のスーパーには新米「あきたこまち」が並ぶようになりました。

    ぴかぴか、ふっくらの新米は、瑞々しくておいしいですよね♪

    皆さんの食卓にも秋の味覚が届きますように☆


    さて、前回のコラムでは、看板の広告料(リース料)をどのようにして、
    いくらに決めたのかお伝えしました。

    そして、今回は、いよいよ看板投資の利回りについてお話しします。

    不動産投資では、「利回り」という言葉をよく使いますが、

    この計算式は様々な投資に応用できることがわかりました(*''▽'')

    実際に私は、セミナーや講習に参加したり、資格を取得したりする「自己投資」をした時も、

    その後に得た年間収入から「利回り」算出し、投資効率をはかっているくらいです。

    今回は、「屋外看板投資の利回り」ですので、

    私が建てた桜五叉路・屋外広告看板の想定利回りを発表しますね。

    まずは桜五叉路・屋外広告看板の料金表をご覧ください。


  • 不動産投資の利回りは、

  • 年間の家賃収入 ÷ 物件の購入価格 × 100

  • この計算式で出すことができましたよね☆

    これをそのままこの看板投資にも当てはめてみます。

    まずは、全部で8枚ある板面の1カ月のリース料金を合計してみますと、

    1ケ月の広告収入は、177,000円です。

    これを1年間(12カ月)で計算すると、

    177,000円×12カ月=2,124,000円

    つまり、212万4千円が、年間広告収入の予定額です

    それを物件にかかった建築費用で割ります。

    土地代と建築費で700万円かかりましたので、

    先ほどの計算式に当てはめてみます。

  • 2,124,000円÷7,000,000円×100

  • =30,34・・・

  • すると、

  • 満室想定利回りは30%

  • ということがわかります。

  • 30%!!この数字を見ますと、やはりテンションが上がりますよね☆

    ここで注目していただきたいポイントは、

    不動産投資をした場合にかかる労力とコストについてです。

    もし、アパートやマンションを一棟建てた場合はどうでしょうか?

    ある程度大きな土地を購入し、そこに建物を建築しますので、

    おそらく金額の桁数が1つ以上多くなるはずです。

    今回私が見つけた「小さく、三角形のいびつな形状な土地」は、

    アパートを建てるよりもコストが安く済みましたし、

    そのうえ内装や設備を考える必要もないので、

    設計などにかかる労力や時間がほとんどいりませんでした。


    それにも関わらず「30%」という利回りになるところが、

    屋外広告看板による土地活用の面白さだと思います。

    いかがですか?

    ちょっとやってみようかな?という気持ちになった方は、

    交差点や道路沿いを通る際、空いている土地をチェックしてみてくださいね。

  • 次回は、実際に広告看板を申し込みされた方にお渡しする
    契約書の作り方についてお伝えします。

    それでは、また(*´∇`*)♪

菅原 久美子
(すがわら くみこ)

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪