ソプラノ大家さんのコラム

2018年 04月30日・ソプラノ大家さんのコラム

  • いいね!
  • ツイート
  • 照明工事の内訳☆

    みなさん、こんにちは☆

    先日、ようやく秋田でも桜のシーズンを迎えました。

    ちょうど連休に入りましたので、

    私も桜の名所へ出かけてきましたよ♪

    東北の小京都と呼ばれる「角館」の桜は有名ですが、

    もう一つおすすめしたい桜の名所があります。

    それは、大潟村にある一直線の街道です。

    通称「菜の花ロード」と呼ばれているその道は、

    桜の季節になると、桜並木と一緒に菜の花畑が見られます。

    どこまでも続いている大きな道が、

    淡いピンクと鮮やかなイエローで彩られていて、

    何とも言えない美しい光景なんですよ!

    実際に足を運んでご覧いただきたい特別な場所です☆

  • さて、前回のコラムでは、

    看板に照明器具がつけられることがわかり、

    急いで電気業者さんに見積りを取ったことをお伝えしました。

    私がいただいた見積書には「¥993,600-」とありました。

    99万円!これは決して安い金額ではありませんので、

    どうしようかと考えていたのですが、

    結論からお伝えしますと、

    「このお金をかけても照明をつけた方が良い!」と思いました。

    なぜなら、新しく照明が付くことによって大きなメリットがあるからです。

    例えば、今まで営業が難しかった、

    葬儀業者さんや24時間営業のお店などにお話を持っていくことができますし、

    また、何より、1月当たりの広告掲載料を上げることができますので、

    利回りを落とすことなく運営できそうです。

    見積書の内訳は、こんな感じです。

    ♪ 電力引き込み工事・・・・¥242,000
    ♪ 照明工事・・・・・・・・¥811,000
    ♪ 場内照明工事・・・・・・・¥53,000

    こう見てみると、照明の値段が大きいですよね。

    これは、国産の製品を使った場合で、

    もし海外製品にした場合は、10万円ほど安くなるとのことでした。

    最近は、照明の電球はLEDを使用しますので、

    昔に比べてずいぶん長持ちするそうです。

    高くても故障の報告が少ないと言われている、
    国産の照明でお願いすることにしましたよ☆

    今からライトに照らされた看板を見るのが楽しみでなりません(*’▽’)

    それでは、また♪

菅原 久美子
(すがわら くみこ)

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪