ソプラノ大家さんのコラム

2018年 12月31日・ソプラノ大家さんのコラム

  • いいね!
  • ツイート
  • 2018年最後のコラムです☆

    12月に入り、秋田では、ようやく雪が降り北国の冬らしい気候になりました。

    これからは、雪かきなどの除雪作業が必要ですので、けっこうな覚悟が必要です。

    この季節を迎えると、秋田市内の各家庭には、水道局からお便りが届きます。

    それは、「水道管を凍結から守る方法」です。

  • 屋外にある水道管を暖める方法や、水道管が凍ってしまった場合の溶かし方が書かれています。

    現在、私の所有物件には、3室の空室があります。

    そこで、先日、繁忙期前の作戦会議をしてきました。

    私は、この会議のことを「本気の作戦会議」と呼んでいます。

    私の管理会社さんは、2社ありますので、当然各社で行うのですが、

    この2社では、残念なことに熱量が違います。

    「本当に満室にしたい!」という気持ちを持っている会社は各部署の担当者など複数が出席し、

    あまり事の重大さを感じていない、もう1社は、たった1人。

    明らかにやる気の差が感じられます。

    皆さんにもこのようなご経験がおありかと思いますが、

    このような場合、「管理契約」自体の見直しの時期だと思います。

    苦しい決断ではありますが、「今回満室にできないようでしたら管理契約を解消します」とお伝えしてきました。

    物件の取得よりご縁があった会社ですので、ぜひこのまま続けていけたらと思っています。

    今回、各管理会社さんへお届けした年末の御礼のプレゼントはこちらです。

  • ロクシタンというフランスの化粧品メーカーのクリスマス特別ギフトです。

    アドベントカレンダーといって、12月24日聖夜まで、1日ずつ小窓を開けていく仕掛けで、

    小窓を開けると、ソープやシャンプー、フレグランスなどが入っていますので、

    開けるのがとても楽しみなギフトです。

    管理会社さんには女性のスタッフさんが多くいらっしゃいますので、

    こんな仕掛けの贈り物は、きっと喜んでいただけると思います。


    さて、今回の屋外広告看板は、

    先日、ちょっとした不思議な出来事がありました。

    ある夜、看板の前を通った時、看板の照明がついたり消えたりしていたのです。

  • 点灯

  • 消灯

  • 「故障かな?」と思いましたので、翌日、設置業者さんにご連絡したところ、

    「もしかしたら光センサーが誤作動してしまったのかもしれません。」とのことでした。

    看板照明には、自動で照明が点灯・消灯するための光センサーが付いています。

    もし、「日の入りから点灯する」という設定にすると、

    その日の太陽が沈んだ頃をセンサーで感知して、照明が点灯します。

    誤作動した日は、雪が積もっていました。

    道路から照らされる自動車のライトが雪に反射して、光センサーに当たってしまったのだろうという推理でした。

    実際に、作業員の方が携帯電話のライトを光センサーに近づけましたら照明が点灯したとのことでしたので、

    光センサーが誤作動しないように、アルミホイルのようなもので保護をして工夫をしてみることになりました。

    便利な設備ですが、上手に使いこなすには難しいということがわかった出来事でした。


    今年も、最後までお読みくださいまして、本当にありがとうございました!

    来年も皆さまにとりまして、素敵な1年になりますように☆

    それでは、また(*’▽’)♪

菅原 久美子
(すがわら くみこ)

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪