ソプラノ大家さんのコラム

2019年 03月31日・ソプラノ大家さんのコラム

  • いいね!
  • ツイート
  • 変化の春☆

    みなさん、こんにちは☆

    繁忙期もいよいよクライマックスですね!

    思い通りの良い結果を迎えた方や、あともう少し!とがんばっている方もいるでしょうね。

    私は、後者!あともう3室なんです。。。( ;∀;)

    秋田では4月いっぱいまでは、入退去の動きがギリギリありますので、

    このままあきらめないで粘ってみようと思います(*'▽')

  • 前回のコラムでは、入居付けに「ギフト券プレゼント」が効果的だとお伝えしました。

    このギフト券パワーは、まだまだ続いておりまして、法人契約のご入居者さんもすぐに入居を決めてくださいました!

    残念ながら、ニトリでは、JCBのプリペイドカード型ギフト券は使えませんでしたので、

    プレゼントをなさる際は、まだまだ従来の紙製のギフト券が使い勝手が良く、喜ばれると思いますよ☆



    以前、繁忙期の結果によっては、管理会社の契約を打ち切ろうかという厳しいお話をしました。

    その後の結果がどうなったかと言いますと、

    残念ながら、1室も入居を決められませんでしたので、管理契約を打ち切り、

    管理会社さんを替えることになりました。

    管理契約書によっては異なりますが、私の契約では、

    2か月前に申し出ることになっていますので、

    管理契約の期限は、5月末までとなりました。

    繁忙期を大幅に過ぎてしまいますので、現在の入居付けでは、

    入居を決めてくださった業者さんには、秋田では珍しいことなのですが、

    広告料として1カ月分をお支払いすることにしました。

    このまま順調に入居申込が入り、満室になってくれることを願っています。


    数年前は、管理契約を解消して管理会社さんを替えることに対して、

    一種の恐怖心のようなものがありました。

    しかし、今考えてみますと、それは、見えないものに対する不安感に過ぎなかったということがわかりました。

    実際は、もっと簡単で、シンプル。淡々と進んでいきました。

    管理会社の担当者さんには、

    「前回お話しした通り、入居が決められませんでしたので、管理契約を解消させていただきたいです。今まで本当にありがとうございました。今後のご対応をお願いいたします」とお電話でお伝えしましたら、

    数日後に管理契約解除の用紙が送られてきて、それに署名捺印をして返送しましたら、

    あっけなく完了していました。

    この春は、文字通り「別れの春」にもなりました。

    管理契約が替わったら、物件のシステムも新しくしていこうと考えています。

    それでは、また(*’▽’)♪

菅原 久美子
(すがわら くみこ)

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪