ソプラノ大家さんのコラム

2019年 04月30日・ソプラノ大家さんのコラム

  • いいね!
  • ツイート
  • 街並みから学んだ、ブリックハウスの未来☆

    みなさん、こんにちは☆

    大型連休は、いかがお過ごしですか?

    私は、遠出を控えて、自宅スタジオでレッスンをすることにしました♪

    その代わりに、少し前に休暇を取り、海外旅行に出かけてきましたよ。

    今回のコラムは、番外編として、旅先で見つけた新しい文化や風景をお届けします。


    私が旅行先に選んだのは、「モントリオール」といって、

    北米カナダのケベック州にある都市です。

    モントリオールは、「北米のパリ」と呼ばれるほどに、

    フランスの文化が、今でも色濃く残っています。

    と、いいますか、ほとんどフランスと言っても過言ではありません。

    なぜなら、公用語がフランス語だからです。

    でも、フランス語が共通の言語だからといって、英語が通じない訳はないだろうと、

    私は、久しぶりに英語を話せることを楽しみに、

    レストランやお店などで色々と話しかけてみたのですが、

    返ってくる言葉は、たどたどしい英語ばかり・・・

    「え?カナダだからといって英語は通じないの?」と、

    ここまで英語が通じにくいとは!ちょっとびっくりしてしまいました。

    もちろん呼ばれるときは、「ムッシュ」や「マダム」と呼ばれますし、

    レストランで食材を選ぶときは、「チーズ」ではなく「フロマージュ」。

    ちょっとしたあいさつも「ボンジュール」や、「ボンソワール」ですし、

    お礼も「メルシー」でした。


    そんなモントリオールで、一番心を打たれたのは、

    その美しい街並みでした。

    カラフルなレンガ造りの小さなビルが立ち並び、

    まるでハリーポッターの映画に出てくるような、

    異国情緒あふれる雰囲気でした。

  • 街の区画は、札幌や京都のように碁盤の目のように整備されていますので、

    初めて訪れても、地図を片手に、あちこちお散歩をするだけで、

    すぐに街の土地勘がついてしまうほどでした。

    フランスといえば、芸術やカフェ、レストラン文化ですよね。

    もちろん、モントリオールの街にも、いたる所にお洒落なカフェやビストロがありましたよ。

  • 私がお散歩をしていてとても驚いたのは、建物アートです。

  • 古い建物に絵やデザイン、色彩をペイントして、

    ビルが一つのアートのようになっています。

    これが1つだけではなく、いたる所にありますので、

    ちょっと歩くだけで楽しい気分になります。

    私の所有物件にもブリックハウス(レンガ造りの建物)がありますので、

    50年後、100年後のブリックハウスの未来を、モントリオールで見ることができたような気がします。

    もし私のブリックハウスが、ビンテージになる時期を迎えたら、私も壁にアートを描いたり、

    中を改装したりして、街角のカフェやビストロ、スタジオに活用する方法も選択肢に入れながら経営していこうと未来に大きな期待が持てました。

    今回、なぜモントリオールを旅先に選んだかといいますと、

    ちょっとしたご縁が理由でした。

    私は、アパートのリフォームやお掃除グッツを、

    毎回「コメリ」というホームセンターで購入しています。

    私はコメリのヘビーユーザーですので、もちろんクレジット機能付きのポイントカードを持っているのですが、

  • 今回、この「コメリカード」の抽選で、なんと、モントリオール行きが当選したのです!

    アパートのお掃除やDIYなどの管理をしていたら、

    異国の街並み見学のご褒美がいただけたような感じでしたので、

    普段の旅行とは少し違った感じを持ちながら旅先を歩いてきました。

    また、偶然ですが、イースター週間にピッタリ当たりましたので、

    運よく、モントリオールのノートルダム大聖堂でご復活祭のミサに授かることができました☆

    その一週間前に、パリのノートルダム大聖堂が火事に見舞われるという悲しい出来事があったばかりですので、

    ミサでは、パリのノートルダム大聖堂の再建のために捧げられ、

    多くの参列者より献金が集められていました。

    モントリオールのノートルダム大聖堂は、青い光に包まれた

    今まで見たことがないほど美しい教会でした。

  • 中でも、パイプオルガンは、世界一美しいオルガンと呼ばれているそうです。

  • 初めて、訪れた「北米のパリ・モントリオール」で、私は、一気に街のファンになりました!

    次回は、少し長めに滞在し、もっと街並や文化について勉強してみたいと思っています。

    その時まで、少しフランス語で話せるように、今からフランス語の勉強も始めてみようかなと思っています♪

    今回は、番外編として、モントリオールの文化をお伝えしました。

    みなさんもどうぞ素敵な休日をお過ごしくださいね!

    それでは、また(*’▽’)☆

菅原 久美子
(すがわら くみこ)

はじめまして!ソプラノ大家さんこと、菅原久美子です。
この度、大好きなプレミアムバリューバンクさんのコラムを執筆することになりました。
ソプラノ大家というと、何だろう?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
私は、現役でプロのソプラノ歌手として活動しています。実は、プロの歌い手になるという夢を、アパートの大家さんをすることによって実現したアーティストです。
私は現在、秋田県秋田市を中心に6棟34室を所有していますが、自分でリフォームをしたりお掃除をしたり、音楽活動をしながら楽しく大家さんライフを送っています(*^_^*)
このコラムでは、私の不動産ストーリーや日々の大家さんライフ、不動産投資について綴っていきたいと思います。
このコラムをお読み下さる皆様にとりましても、有益で夢のある時間となりますよう、私自身も楽しみながら書いていきますね!
どうぞよろしくお願いします♪