オポチュニスティック型、コアプラス型......不動産投資のリスクとリターンの4分類

2018年02月09日

  • いいね!
  • ツイート
  • 不動産投資には、主に4 つの投資対象の分類があります。基礎知識として、どれが一番自分に適した投資なのかを検討しておきましょう。

  • リスクとリターンの4 分類

  • まずは、不動産ファンドがリスクとリターンを考えて行う、投資対象の4 分類から説明しましょう(不動産証券化協会の分類)。

    ①コア型投資

    リターンが主に不動産賃貸(インカムゲイン)である投資。利回りは低いが一等地なので低リスクで安定している。

    ②コアプラス型投資

    主要なリターンは賃貸インカムだが、同時に売買による値上がり益(キャピタルゲイン)も狙う。

    ③バリューアデッド型投資

    賃貸インカムに加え、割安に取得した不動産に付加価値を付けて高く転売する。企画力が必要になる。

    ④オポチュニスティック型投資

    競売や立ち退き案件などのハイリスク物件を買い取り、付加価値を付けて高く売る投資。プロ向き。

  • どれが個人投資家向きなのか

  • さて、この4 分類の中で、個人投資家に向いた投資スタイルはどれでしょうか。

    最も安定しているように見えるコア型投資は、一等地への投資です。投下資本が大きく、低利回りでも安定的な収益を狙う大資本向きの投資です。

    バリューアデッド型投資やオポチュニスティック型投資では、企画力や強い営業力、また資本力や豊富な経験が必要になります。

    不動産投資は金額が大きいだけに、失敗は許されません。

    そこで、低リスクでありながら、利回りが良い不動産投資を考える個人投資家に向いた投資は、賃貸収入と売却益を同時に狙う「コアプラス型投資」となります。

  • 個人だからこそできる投資スタイル

  • 不動産ファンドは投資期間が決まっていますから、今、景気が悪いからといって、じっと景気が良くなるまで待つということは許されませんが、個人投資家は期限というものがありません。

    そこで、景気が思わしくなく、不動産売買では利益が見込まれないようなときには賃料収入を得る戦略で、景気が良くなって物件価格が上昇したときに、高く売り抜けることが可能になるのです。

    コアプラス型投資は、投資期間に縛られない個人だからこそできる投資と言えましょう。