信頼できるリフォーム業者を選択する方法

2018年04月25日

  • いいね!
  • ツイート
  • リフォームやリノベーションを成功させるためには、実際に工事を執り行うリフォーム業者の選別も重要な要素です。信頼できる業者選択のポイントについて考えてみましょう。

  • 業者選びは「不動産投資」成功のカギ

  • 不動産投資においてリフォーム業者は欠かせないパートナーです。
    リーズナブルで、求めに応じた工事をしっかりと行ってくれる業者に工事を任せることができれば、投資家としても安心でしょう。
    その意味でリフォーム業者の選択は、不動産経営を行ううえで、重要なポイントになります。

    では、いかにしてそうしたリフォーム業者と関係を取り結ぶか。

    まずは、複数の業者に声をかけて、相見積もりを取ったうえで、実際に工事を行う業者を決めるという方法があります。
    インターネットで検索をかけたり、タウンページなどを利用したりすれば、地域のリフォーム業者の連絡先は分かります。相見積もりを取ることで、だいたいの相場観も分かりますし、どのリフォーム業者が安いか、高いかも明瞭です。

    さらに、見積もり金額や想定される工事の内容なども面談で質問すれば、その価格の根拠を知ることもできるでしょう。そのやり取りを通じて信頼できるリフォーム業者を選択すればよいのです。

  • 管理会社にリフォームを依頼する方法も

  • なかには、リフォーム業者ではなく、直接職人さんに工事を依頼する投資家もいます。コストカットが目的です。

    というのも、工事を職人に外注しているリフォーム業者も少なくないからです。職人に直接発注することで、余計な中間マージンを圧縮することが可能です。

    ただし、投資家自身がリフォーム業者や職人を見極める目を持っていることが前提です。もし適切な見極めができなければ、かえってリスクも生じてしまいます。ある程度の経験や判断力が必要になるでしょう。

    もし自信がなければ、物件の管理をお願いしている管理会社にリフォームを依頼するのも選択肢のひとつとして考えてもよいでしょう。

    短期的に見れば、多少割高であっても、安全性が担保できるし、管理会社が優先的に部屋を埋めて、満室にしてくれるなら、安定的な不動産経営ができる。十分にお得であると考えることもできるでしょう。